1. HOME
  2. かもめが翔んだ日

かもめが翔んだ日

書籍名: かもめが翔んだ日
著者:  江副浩正
出版:  朝日新聞社
寄稿:  経洗塾

著者が創業からリクルート事件後、ダイエーの自社を売却するまでの衝撃的なノンフィクション。

創業からのとてつもない経営努力によって会社が急激成長する模様や、一つ一つのボタンの掛け違い、経営判断の間違いにより、会社と経営者が文字通り奈落の底に落ちていく様子がリアルに描写されています。

ただ、著者本人が実際の当事者だり、文中の内容の経験者ということで、人生を通じての会社経営に関するメッセージがビンビンと伝わってきます。

外部資金の調達前や、調達後、自分がどこまでの人間か、どこまでの大きな野望を胸に事業を展開するべきか、何を人生の軸に置くべきか、などを深く考える際にぜひ読んでもらいたい一冊。