1. HOME
  2. 0 to 100 会社を育てる戦略地図

0 to 100 会社を育てる戦略地図

書籍名: 0 to 100 会社を育てる戦略地図
著者:  山口豪志
出版:  ポプラ社
寄稿:  斉藤拓也

岡山出身、クックパッドやランサーズ等、いまや名だたるベンチャー企業の成長の関わられた山口豪志さんの著書。

起業を検討してから、実際に事業を始めて、成長させるステージを「→0(ゼロマエ)」、「0→1」「1→10」「10→30」「30→50」「50→100」とステージに分けて、それぞれの成長過程での課題や対応策を説明しています。

「スタートアップは成長ステージによって全く課題が異なる」と、経営者の方から聞いたことがあります。そういった意味で、事業をスタートしてから、どのような課題があるかを想像するもよし、自分のステージ合わせて課題を確認するもよしの本だと思います。

特に「→0(ゼロマエ)」「0→1」フェーズでの、

「事業にかけるあなたの「想い」は本物ですか?」
「そのアイデアは「周囲の共感」を得られていますか?」
「あなたを応援しくれる「仲間」はいますか?」
「事業のテーマを一言で伝えられますか?」
「使ってほしい人の顔がはっきり見えていますか?」
「使ってほしい人にアプローチしていますか?」
「お金を払ってくれた人はいますか?」

等は、経洗塾の教えと共通するところも多い気はします。
ビジネスに挑戦するとはどういうことか、課題を前もってイメージする上でも一読することおススメします。