1. HOME
  2. amazon 世界最先端の戦略がわかる

amazon 世界最先端の戦略がわかる

書籍名: amazon 世界最先端の戦略がわかる
著者:  成毛眞
出版:  ダイアモンド社
寄稿:  村井保之

成毛さんによるアマゾン解説書。 巨大になり過ぎて、誰も全体像が分からないアマゾンを、成毛さんが分析。
以下を見るだけでも、アマゾンの凄さが分かるはずです。

■アマゾンの顧客から代金を回収するまでの期間はマイナス 28.5 日。商品を売る約 1 か月前には現金があるという商売。
■楽天は単なる場所貸し。アマゾンは自社販売(仕入れ、受注、発送など)なので、物流網と倉庫を持つ。
■AWS (アマゾンウェブサービス)は、アマゾンで一番の稼ぎ頭。CIA も活用。 日米などの時差を利用すれば、サーバーの稼働時間が稼げてコストが下がる仕組み。
■店舗を持たない=万引きがない
■アマゾンは融資も実行 銀行と違い、売れ行きなどが分かる出展企業なら、決算書ではなく、売上などで融資を判断できる 上記以外にもアマゾンが手がける分野は幅広すぎで、 FBA (アマゾンが注文、配送など EC 全てを代行)やドローン配送、顔認証など盤石そうだが、 成毛さん、なんとアマゾンに勝つ方法を示唆しています。 たとえば本屋なら、 CCC 。書店とカフェを融合させ、ライフスタイルを提案する。これは EC サイトでは実現できない。といった感じ。

アマゾンがどこへ向かうのかが分かるし、とても読みやすい。 アマゾンと戦うにせよ、活用するにせよ、
​まずは読んでみましょう。