1. HOME
  2. News
  3. [経洗塾ハブ:04]-ご紹介!地方発ベンチャーの資金調達手段-

[経洗塾ハブ:04]-ご紹介!地方発ベンチャーの資金調達手段-

【イークラウド株式会社×経洗塾ハブ】

ー 開催概要 ー

”地方発ベンチャー”の皆様、朗報です!
近年、新たな資金調達方法として注目されている「株式投資型クラウドファンディング」のプラットフォームを運営するイークラウド株式会社 波多江直彦代表取締役をゲストにお迎えし、そもそも株式投資型クラウドファンディングとは?といった基礎事項から地方発ベンチャーが導入するメリット、デメリット、活用事例まで徹底的に解説をします。

またイークラウド1号案件である、地方の課題を解決するカタログギフトを提供する 地元カンパニー株式会社 児玉光史 代表取締役もお招きし、株式投資型クラウドファンディングで約5,000万円を調達した児玉氏だからこそ語ることができる地方の資金調達の”リアル”、株式投資型クラウドファンディングを採用した理由、地元長野県に戻り事業を展開をするようになったきっかけなど特別に語っていただきます。また両氏のクロストークも必見です。

日 時 2021年2月12日(金) 19:00~20:00
場 所 「Zoom」を使用したオンライン開催
お申込み完了後に参加用URLを送付致します。
定 員 30名
※定員になり次第締め切らせていただきます
参加費 無料

ー 内容 ー

・株式投資型クラウドファンディングのご紹介、サービス紹介
(特性、メリット、デメリット、適正業種etc…)

・地元カンパニー株式会社代表取締役 児玉氏
(株クラを導入して理由、サービスの紹介、地方における資金調達の現状etc…)

-株式投資型クラウドファンディングとは?-

起業家が複数の個人から出資を募ることができ、事業に共感する投資家が個人的に企業に対して投資ができる仕組みです。そのため従来の資金調達方法に加え、新たな調達手段として注目を集めています。また1年間で一億円未満の資金を集めることができ、短期間での調達も可能となる点で起業家、投資家の両者にとってメリットが大きい手段と言えます。

 

【講師プロフィール】

波多江 直彦 氏(イークラウド株式会社 代表取締役)

慶應大学法学部卒業後、サイバーエージェントに入社。広告代理部門、スマホメディア、オークション事業を立ち上げ、子会社役員を経て、サイバーエージェント・ベンチャーズで投資事業に従事。その後XTech Venturesにおいてパートナーとして、VR・Saas・モビリティー・HRTech・シェアリングエコノミー・サブスクリプションサービス等への投資実行を担当。2018年7月にイークラウド株式会社を創業、創設、代表取締役就任。

児玉 光史 氏(株式会社地元カンパニー 代表取締役)

東京大学農学部卒、長野県上田市のアスパラ農家に生まれ、大学卒業後は電通国際情報サービスにてシステムセールスに従事。退職後東京で暮らす農家の跡継ぎコミュニティーを立ち上げ、地域の産品を都内で実験的に販売。地域産品の流通を活性化すべく、「地域産品限定のカタログギフト」を考案。自身の結婚式の中で「地元産品限定のカタログギフト」を引き出物として配布したことが好評だっとことから株式会社地元カンパニーを創設。


News

News一覧